アタマをリラックスさせる方法11:まとめ

今回はアタマをリラックスさせる方法として10種類のテーマについて紹介してきました。

様々な方法を紹介しましたが、共通点としては「身体と心を休ませる方法」となっています。

リラックスをしないと高い集中力を発揮することが出来ず、さらに集中力を維持することも難しくなります。

今回は全体的なまとめについて紹介していきましょう。

 

リラックスを促す方法に決まったやり方は存在しない

今回の記事や、インターネット上のブログやサイトなどで「リラックスをする方法」などを調べると、無数のやり方が出てくると思われます。

しかし、この方法というのはあくまでも1つの方法となっていて、その方法が自分にとって最適なのかということについては自分にしか分かりません。

リラックスをするときに最もオススメなのは「自分の好きなことをする」ということです。

これは言い換えれば「自分の欲求に対して素直に生きる」ということになっていて、どのようなことでも良いので、好きなことをしているときは脳もリラックスしている状態となります。

「リラックスを促すためには、このようなやり方をしなければならない」という考え方自体が間違ったものなので、その点に気をつけて色々と実践してみると良いでしょう。

 

身体の不調から自分の状況を推し量ることが出来る

身体の不調というのは意外と分かりやすく、「普段と比べると身体の動きが鈍い」とか「息切れするのが早い」というように感じることが出来ます。

しかし、脳の疲労に関しては体感で分かりづらいためにスルーしてしまう人は非常に多いのですが、これを放っておくと鬱症状が出てしまうことがあります。

例えば、夜の寝付きが悪くなったとか、朝起きるのが辛くなったというのは自律神経のバランスが崩れているケースが多いです。

これらの症状は自覚しても「ちょっと疲れているかな」と軽く考えてスルーしてしまいがちですが、この症状が続くと人間の身体は、この状況に慣れてしまいます。

そうすると、知らずしらずのうちに脳の疲労を蓄積させてしまうことになるので、そのてんに気をつけなければいけません。

 

まとめ

今回はアタマをリラックスさせる方法について紹介してきました。

アタマをリラックスさせようとすると「何をすれば良いのだろうか?」と考えてしまうのが多くの日本人の典型的な思考ルーチンです。

しかし、アタマをリラックスさせるために深く考える必要は一切なく、自分の好きなことを好きなように楽しんで過ごすのがアタマのリラックスには一番良いことなので、気にせずに楽しんでください。

 

タイトルとURLをコピーしました