アタマをリラックスさせる方法7:ハーブティーなどを飲んで緊張をほぐす

リラックスしている状態というのは、落ち着いている状態と同じようなことを指します。

そして、落ち着くためには温かい飲み物を飲むというのがオススメとなっていて、その中でもハーブティーには精神を落ち着かせる効果があるとされています。

今回は、どのようなハーブティーを飲むのがリラックスを促すことが出来るのかということについて紹介していきましょう。

 

緊張をほぐしたいときにはカモミールやラベンダーなどのハーブティーがオススメ

リラックスを促すためにハーブティーを飲む理由としては、下記の2つが挙げられます。

温かい飲み物を飲む
ハーブの香りでリラックスを促す

このようになっていて、人間は温かい飲み物を飲むと落ち着く効果があるので、温かい飲み物とハーブの香りを合わせることによってリラックスを促すことが出来ます。

リラックスするためのハーブとしては、カモミールやラベンダーなどがおすすめになっていて、これらのハーブには緊張をほぐす効果もあります。

ハーブティーの香りが苦手だという方も多いかもしれませんが、自分に合ったハーブを選ぶのもハーブティーの楽しみ方のひとつなので、色々と試してみてください。

 

ハーブティーの強い香りが苦手だという方は摘みたてのハーブを試してみよう

一般的にハーブティーというと、乾燥したハーブを紅茶に入れたものを指しますが、乾燥させたハーブは香り成分が凝縮されているために、強い香りを発します。

乾燥させたハーブのことをドライハーブと呼びますが、ハーブティーにはドライハーブの他にもフレッシュハーブを用いたものもあります。

フレッシュハーブは、摘みたてのハーブのことを指していて、ドライハーブに比べると新鮮な状態なので、爽やかな香りがするのが特徴的です。

ドライハーブの香りが苦手だという方でもフレッシュハーブだとハーブの香りを楽しみながらリラックスをすることが出来るので、色々と試してみると良いでしょう。

 

まとめ

今回はリラックスを促すためのハーブティーについて紹介しました。

紅茶自体をあまり飲まないという人や、紅茶を飲んでもハーブ系は苦手だという方も多いです。

しかし、ハーブティーを飲むことによってリラックスを促すだけではなく、不眠の改善や免疫力を高める機能など様々なものがありますので、自分に必要なものをセレクトして楽しんでみると良いでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました