アタマをリラックスさせる方法4:アロマテラピーでリラックスを促す

リラックスを促す方法として最もポピュラーであると言っても過言ではないのが「アロマ」を利用したリラックス方法だと思われます。

アロマの香り成分を脳へ働きかけることによってリラックス効果を促すのがアロマテラピーとなっていますが、今回はアロマテラピーの仕組みや、どのようなアロマが最適なのかということについて紹介していきましょう。

 

アロマがリラックス効果を促す仕組みとは?

アロマテラピーがリラックスを促す効果があるということについては知っている人も多いですが、どのような仕組みでリラックスを促すのかということについては知らない人も多いです。

単純に「確かラベンダーの香りが良いよね?」くらいのイメージしか持っていない人も多いのではないでしょうか。

アロマの香りでリラックスできる仕組みというのは、鼻から吸収されたアロマの香り成分が脳の視床下部という器官に直接働きかけることによって自律神経のバランスが整います。

自律神経のバランスが整うことによって身体の緊張がほぐれて、落ち着いた気持ちになることが出来るので、心身ともにリラックスできるという仕組みです。

 

どのようなアロマを使用するのがリラックス効果を高めるのか?

アロマテラピーでリラックスを促すと言っても、アロマテラピーでは様々な精油を使うので、こちらではリラックス効果の高いアロマについて紹介します。

まずは上記でも少しだけ紹介したラベンダーです。

ラベンダーの香りは女性に人気のアロマとなっていて、緊張の緩和やストレスの軽減に効果があるとされています。

その次は、柑橘系の香りが好きな方にオススメな「ベルガモット」です。

ベルガモットは柑橘系のフルーティーな香りが特徴的なアロマとなっていて、リラックスとリフレッシュの2つの効果があります。

最後に紹介するのは「ネロリ」というアロマです。

ネロリはビターオレンジから抽出される成分となっていて、不安なときや気分が沈んでいるときに嗅ぐと気持ちが晴れやかになるという効果があります。

 

まとめ

今回はリラックスをするためにアロマテラピーがオススメということについて紹介しました。

アロマテラピーといえば簡単なものだと芳香剤や香水といったものがありますが、精油や香り袋などを活用するという方法もあります。

普段から身につけておけばちょっとした時にリラックスすることが出来るので色々と試してみると良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました