アタマをリラックスさせる方法1:瞑想やマインドフルネスをする

アタマをリラックスさせるためには、瞑想やマインドフルネスが最適だとされています。

瞑想やマインドフルネスというと、日本では座禅などを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、仕組みを知っておけば仕事の休憩時間などにも実践することが可能です。

近年では医療や介護の現場でも取り入れられていて、精神的なストレスを軽減させる働きもあるので、積極的に実践してみると良いでしょう。

今回は、瞑想やマインドフルネスの効果や実践方法などについて紹介していきます。

 

マインドフルネスの基礎は「考え方」にある

マインドフルネスの基礎は2つの考え方が重要なポイントになっています。

判断をしないこと
「今」に集中すること

この2つとなっていて、判断をしないことというのは、自分の身の回りに起きている出来事に対して一切の判断をしないことを指しています。

判断をしないでどのように生活をするのかというと不安になることもあるかもしれませんが、私達は身の回りの出来事に対して、周りの評価や自分が今まで経験してきたことを基準として判断をしてしまいがちです。

これらの判断をすることによって「これで良かったのか?」とか「もっと良い方法があったのでは?」と不安に駆られることも少なくありません。

マインドフルネスの考え方によって「判断をしない」という選択をすることによって、これらの不安要素を排除した生き方をすることが出来ます。

次に、「今に集中する」という考え方については、未来や過去のことを考えすぎると「いま起きていること」に対応することが出来なくなってしまうこともあります。

今に集中することによって、集中力や洞察力がアップして、考えの大半を注ぎ込むことが出来るので精神的なストレスも軽減されるという効果があります。

精神的な負担が少なくなれば、その分だけリラックスが出来ているということにも繋がりますので、マインドフルネスという考え方を実践してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、マインドフルネスという考え方について紹介しました。

マインドフルネスは瞑想と近い考え方となっていますが、実践する場合も姿勢を正して背筋を伸ばし、ゆっくりと大きく呼吸することで効果が高まります。

おおよそ10分~20分ほど続けるだけで精神的にも落ち着きますので、今からでも実践してみると良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました