パズルを解くために大切な集中力10:集中力と人間の脳の関係について

集中力と脳は密接な関係にあり、脳内物質の分泌量が集中力の高さを決めていると言っても過言ではありません。

集中力が高い状態での作業は質が高く作業時間も短く済み、さらに達成感も大きくなるという良いことしか無いので、理想を言えば常に高い集中力を維持することが大切です。

今回は人間の脳と集中力の関係について紹介していきましょう。

 

集中力を発揮する時に脳の中ではどのようなことが起きているのか?

まずは集中力を発揮する時に人間の脳内ではどのようなことが起きているのかということについて紹介します。

集中力が高まっているとき、脳内では脳内麻薬と呼ばれるドーパミンやアドレナリンといった物質が分泌されていて、これが集中力を高めるとともに楽しいと感じさせてくれる元となっています。

これらの脳内物質の分泌をコントロール出来れば最善なのですが、コントロールするためにはトレーニングや習慣づけが重要です。

トップアスリートなどはこれらの脳内物質の分泌をトレーニングによってある程度コントロール出来るとされていて、そのために試合や大会などで高いパフォーマンスを発揮できるということです。

 

雑念を払うことが集中するためのポイント

トップアスリートなどの場合は、「短期間で超高い集中力を発揮する」ということが求められます。

しかし、一般人の場合は「そこそこの高い集中力を出来る限り長い時間持続する」ということが求められることになるので、少し異なるのが特徴的です。

高い集中力を発揮するために必要なのは「雑念を払う」ということと「自分がどのようなことをするのかというイメージ」が大切になります。

そして、このような集中力を得るためには「習慣づけ」が必要です。

例えば、イメージトレーニングという言葉がありますが、自分の行動を事前にイメージすることによって集中力を高める方法です。

多くのスポーツ選手に備わっている動作ですが、具体的にイメージをすればするほど集中力を高めることが出来ます。

これは日々のトレーニングで身につけられるものなので、一般人でも具体的なイメージをすれば集中力を高めることは可能です。

慣れていないと具体的なイメージをすることは難しいですが、今からでも始められるので試してみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は人間の脳と集中力の関係について紹介しました。

集中力のことを知るためには人間の脳のメカニズムを知らないと何も分からないので、まずは知ることが大切です。

知識を得た後は、それをどのようにして自分の中に取り込むのかということが重要なので、まずは自分の出来る範囲の中で実践してください。

タイトルとURLをコピーしました