パズルを解くために大切な集中力1:集中できる環境を作り出す

パズルを解くためには集中することが大切です。

集中力が損なわれている状態だとパズルを解くことも難しく、閃きが必要なタイプのパズルでも集中力を発揮することによって解けるケースも多いのが特徴的です。

こちらでは、集中力を発揮するために必要なことについて紹介していきますが、今回のポイントとなるのは「集中できる環境を作り出す」ということです。

自分の中で集中できる状態を作るのも大切ですが、まずは外部から調整していくと良いでしょう。

 

 

外部の音を遮断して不規則な雑音を排除する

集中力を発揮しやすい環境の1つ目としては「周りの音を排除する」という方法です。

人間というのは生活をしているだけで多くの雑音に悩まされています。

普段は気にならないような音でも集中している状態だと、色々な物音が耳に入ってくることが多いです。

例えば、寝る時になると時計の秒針が時間を刻む音が気になるという方も多く、夏の時期になるとエアコンや扇風機の音が気になって寝付きにくいということも考えられます。

また、家の外での子どもの声や車のクラクションなど私達が生活をする中で「音」というのは切っても切れない関係にあります。

視覚情報ならば目を閉じることで一時的に遮断することも可能ですが、耳に入ってくる音を遮断することは難しいので、解決方法としては耳栓やヘッドホンなどがオススメです。

スマホの通知音などが多い人の場合はスマホをマナーモードにしておくことで余計な音を排除することが出来るので、その点も試してみると良いでしょう。

 

 

α波が出る音を聞いて集中力を高める

人間の集中と脳には密接な関係があり、脳でα波が出ている状態になると高い集中力を発揮している状態となります。

α波を自分の意識で出すのは難しいですが、α波を出しやすくする音やリズムというものがあり、最近ではYou Tubeなどでも動画アップロードされているので、その音楽を聞きながら作業をすることで集中を促すことも出来ます。

無料で試すことが出来るので、気になる方は今日からでも試してみると良いでしょう。

 

 

まとめ

今回は集中を高めるための環境づくりについて紹介しました。

人によっては雑音が多いほうが集中できるという人も居ますが、まずは「自分が集中できる環境を知る」ということから始めるのがオススメです。

一般的にはヒーリングミュージックや川のせせらぎの音などがα波が出やすいとされているので、これらの音を聞く習慣を身につけるのも良いかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました