パズルはアタマの活性化に最適。もっと知りたいパズルの歴史とは?

パズルはアタマの活性化に最適ですが、パズルの歴史まで調べている人は非常に少ないです。

パズルはパズル職人が作って発表するというものも多いですが、偶然の産物によって新しく誕生したパズルも多くなっています。

今回は、10種類のパズルの歴史について紐解いていきましょう。

 

今回紹介する10種類のパズルについて

今回は下記の10種類のパズルの歴史について紹介していきます。

・クロスワードパズル
・迷路
・数独
・詰将棋
・回文
・ピクロス
・虫食い算
・シルエットパズル
・箱入り娘
・ルービックキューブ

これらのパズルについては、プレイしたことがある人も多いのではないでしょうか。

パズルと一言で表しても多種多様となっていて、同じパズルでもプレイ方法やルールが異なるだけで全く違う表情を見せてくれるのがパズルの魅力でもあります。

 

現在もパズルは進化を続けている

今回はパズルの歴史について紹介していきますが、パズルという遊戯は日進月歩の世界となっていて、常に進化を続けている業界でもあります。

現代では多くのパズル職人が毎日のようにパズルを作成していて、表舞台に出てくるものはそれほど多くありませんが、パズルを作る人とパズルを解く人との戦いとなっています。

常に新しい情報に触れることによって、まだ一般的には知られていないパズルに触れることが出来るチャンスでもあります。

また、近年ではパズルだけではなくボードゲームなどと合わせて紹介されるケースも多くなっているので、テレビゲームやスマートフォンのアプリなどだけではなくアナログのゲームに触れるのも面白いものです。

もしも「1人だとボードゲームはプレイできない」という悩みを抱えている方は近くのボードゲームカフェなどに出かけると同じ思いを抱いた人と一緒にボードゲームやパズルなどを楽しむことも出来ます。

パズルを解くときも最初の一手で悩む人が多いですが、まずは動かすことによって閃きが生まれることもありますので、行動を起こすことが大切です。

 

まとめ

今回はパズルの歴史について紹介していきます。

パズルの歴史は深いイメージを持っている人が多いかもしれませんが、パズルが遊戯として一般的になったのは最近の話です。

中には数百年ほど前から存在しているパズルもありますが、一般大衆に認知され始めたのは19世紀~20世紀になってからとなっていますので、まだまだ新しい分野だということを知っておいてください。

 

タイトルとURLをコピーしました