アタマを活性化する方法10:何でもチャレンジしてみよう2後編

アタマの活性化を促すためには、何に対しても疑問を持って、積極的にチャレンジをしていくことが大切です。

子どもの頃は出来ていたのに、大人になってから出来なくなってしまったものは多いのではないでしょうか。

アタマを活性化させるためには、年齢がいくつになっても常にチャレンジする精神が大切です。

今回は、アタマの活性化とチャレンジの関係性について簡単に紹介していきましょう。

 

アタマの活性化を促すのは大人よりも子どものほうが有利

脳の成長というのは0歳から始まるとされていて、おおよその基本は10歳~思春期の頃に完成すると言われています。

そのため、アタマの活性化を促すためには思春期までの過ごし方が大切なので、大人になってからアタマの活性化を促すと言ってもピンとこない人も多いでしょう。

しかし、脳は可塑性のある器官なので、何歳になっても変化するチカラを秘めています。

確かに脳の能力が伸びやすい時期と比べると多くの努力や時間が必要となりますが、子どもと違って大人の場合は意志力が強く働く傾向にあります。

そのため、強く信じて行動をすれば大人でも子どもに負けないぐらいのアタマの活性化を促すことは可能です。

 

「六十の手習い」という言葉にもあるようにチャレンジを恐れないのが大切

子どもの頃は新しいことや、どう考えても危険で出来ないようなことでも簡単に出来ていたというケースが多いでしょう。

しかし、大人になってからそのようなチャレンジをするケースが激減したのではないでしょうか。

確かに、危険を伴う行為を大人がするのは馬鹿みたいですが、全ての物事に対してチャレンジをしないというのは大きな損失です。

六十の手習いという言葉にもあるように、年齢を重ねてから新しくチャレンジをして身につけたスキルを持っている人も多いと思われます。

このように何事に対してもチャレンジを続けていくことで、アタマの活性化を促すことができる環境を構築することが出来ます。

 

まとめ

大人になると自分の知らないことにチャレンジをする意欲が少なくなりますが、子どもの頃を思い出して新しいことにどんどんチャレンジをするのがアタマの活性化を促すことに繋がります。

ポイントとしては、自分が少しでも興味を持ったものをやってみるということなので、少し体験して合ってないと判断したら辞めても構いません。

まずはチャレンジをすることが大切なので、どんどんチャレンジしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました