アタマを活性化する方法11:まとめ

今回はアタマを活性化させる仕組みと、具体的な方法について主に紹介しました。

パズルはアタマの活性化を促すコンテンツとなっているために、やり続けていると脳が鍛えられます。

実際に特別養護老人ホームなどでは認知症を予防するためにパズルを解くということを推奨しているケースもあり、学校や会社などでもメンタルトレーニングを通じてパズルを解くケースもあります。

今回は、アタマの活性化を促す方法を紹介した全体的なまとめをしていきましょう。

 

アタマの活性化と脳内物質の分泌は密接な関係があることを知る

私達が生活をする中で、集中力や記憶力・発想力などの頭の中で考えることの多くは脳内物質が大きく影響しています。

普段の生活の中で脳内物質の分泌を意識することは非常に難しいですが、どのような行動や意識をすれば何の脳内物質が分泌されるのかということを知っておけばアタマの活性化を自在に操ることも可能です。

人間は幸福感を得ているときは脳がリラックスしている状態でもありますので、新しい発想を得やすいとも言えます。

強いストレスを感じていたり、今まで体験したことがないようなプレッシャーをかけられたりすると脳が萎縮してしまうので、考え方の視野が狭くなり、脳が非活性化してしまいます。

簡単にイメージするのなら、仕事で忙殺されているときほど単純なミスをしてしまうのは、自分の許容量を超えた業務をしているために脳がうまく活動していないために起こる事象です。

高いパフォーマンスを発揮したい場合は身体だけではなく、脳もゆっくりと休ませることが重要です。

 

日常生活の中でもアタマの活性化を促すことは可能

アタマの活性化を促そうとすると、今までの生活の中にプラスアルファで何かを追加しなければならないと考える人は多いです。

確かに、生活にプラスアルファ出来るのなら成長を促すことも出来るのでオススメですが、時間や仕事などの問題で出来ない人も多いでしょう。

そのような場合は、いつもの生活を少しずつ変化させるだけで、何も変えなくても意識を変えるだけでアタマの活性化を促すことは可能です。

同僚や部下、上司との会話のやり方を少し変えてみるなどの、意識を少し変えるだけなので誰でもいつでも始めることが出来ます。

 

まとめ

今回は全編を通して「アタマを活性化する方法」について紹介してきました。

アタマの活性化というと、難しく考えてしまう人が多いですが、良い意味では「子ども時代に戻ろう」というような感覚で問題ありません。

子どもの頃というのは、毎日が新しい発見で脳が活発に動いていた時期でもあります。

大人になると頭が固くなると言われますが、これは日常の変化が少なくなってきた証明でもありますので、自分の意思で変化を求めることによってアタマの活性化を促すことが出来ます。

 

タイトルとURLをコピーしました