アタマを活性化する方法4:脳にプレッシャーをかける2後編

前回は「アタマを活性化させるためにはノルアドレナリンの分泌を促すのがオススメ」ということについて紹介しましたが、今回は脳へプレッシャーをかける効果的な方法について紹介します。

間違った方法を使用してしまうと身体的にも精神的にもマイナスになってしまうことが考えられるので、十分に注意してください。

制限時間を設けることでノルアドレナリンの分泌を促す

アタマを活性化させるためにノルアドレナリンの分泌を促すには「制限時間を設ける」という方法がおすすめです。

例えば学生の場合だと「テストの点数をアップさせたい」というような漠然な目標があったとします。

テストの点数をアップさせるためには勉強するしか無いのですが、集中して勉強をすれば短時間でも効果が高くなります。

このようなケースだと、「問題集を1時間以内に3ページする」とか「1時間で問題を10問解く」というように、時間制限を設けることが出来ます。

社会人の場合は仕事に追われているという方も多いかもしれませんが、時間を区切って目標付けと制限を加えるのがノルアドレナリンの分泌を促す方法です。

注意点としては、制限時間を設ける場合にはその時間を強く意識しなければいけません。

そうすることで緊張感が生まれるために、ノルアドレナリンの分泌量も多くなります。

生活リズムを整えることで安定したノルアドレナリンの分泌を促す

上記で紹介したのは、短期的にノルアドレナリンの分泌量を増やす方法となっていますが、長期的にノルアドレナリンの分泌量を増やす方法も存在しています。

その方法というのが「規則正しい生活をすること」となっていて、こちらは短期的な集中力や記憶力を発揮させる方法ではありません。

しかし、通常時のノルアドレナリンの分泌量を増やすことによって基礎力を高めることが出来ます。

アタマを活性化させるための方法は沢山ありますので、色々なことをやってみて自分に合う方法を組み合わせて使用するのがその人にとっての最適な方法となります。

まとめ

脳に対してプレッシャーを与えるというのは、短期的に考えるとアタマを活性化させるためにオススメな方法となっています。

しかし、プレッシャーの与え方を間違えてしまうとデメリットが多く発生するので、やり方を知らなければいけません。

人の性格がそれぞれ異なるように、プレッシャーの与え方も人によって異なりますので、その点に関してだけは忘れないようにしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました