アタマを活性化する方法2:ゴール設定をする2後編

前回に引き続き、「目標」と「達成感」の2つのポイントに注目して紹介していきます。

社会人の方の場合は会社の方針で「目標設定」や「ノルマ」というものに対して身を持って実感している人も多いと思われます。

しかし、「定められた目標を達成しても幸福感を得たことがない」という人も多いでしょう。

これには1つの錯覚があります。

今回は、どのように目標を立てて達成するのが良いのかということについて具体的に紹介していきましょう。

目標は「自分で立てる」のが大原則

「目標」と一言で表しても、その内容については色々とあります。

目標へ到達するための目的が「会社への貢献」などのように「自分以外のものに対すること」の場合は達成感を得ることが難しく、目標を達成したとしてもドーパミンの分泌を促すことは困難になります。

そのため、アタマを活性化させるためにドーパミンを分泌させたい場合は、目標を立てる際に「自分で立てる」ことが大原則だということを知っておいてください。

日本では会社でも学校でも協調性や絆というような仲間意識を重要視させる傾向にありますが、このタイプに当てはまる人は自分で目標を立てなくても問題ありません。

しかし、最近では個人主義で活動する人も増えてきていますので、そのような場合にアタマを活性化させたい場合は目標を自分で立てなければいけません。

目標の内容については何でも構いませんので、「現状の自分では出来ていないことで、達成できると嬉しいこと」にすると良いでしょう。

目標を設定するときは大きいものから少しずつ小さいものにするのがコツ

目標を設定するという話を聞いた際に、どうすれば良いのか分からないと思っている人は多いです。

特に、今まで自分で目標を立てたことがない人ほど、その傾向は顕著になっていて、目標を達成する前に目標を立てる時点でギブアップしてしまう人も居ます。

しかし、このようなタイプの方でも「自分だけのことを考えてどうなりたいか考えてください」と言うと、意外と色々な目標を立てることが出来ます。

例えば「ダイエットをして20キロ痩せたい!」とか、「年収1,000万円になりたい」というような色々なことが挙げられます。

大きな目標に関しては「最終的に自分がどうなりたいか」ということを考えれば良いので、内容については何でも良いということを覚えておいてください。

まとめ

目標を立てて、目標を達成するというのは簡単なようで考え込むと難しく感じてしまいます。

また、今まで自分で目標を立てたことがないという方も多いと思われますが、そのような場合は自分だけのことを考えて、自分勝手に目標を設定するのがおすすめです。

アタマを活性化させるためには、自分で立てた目標をクリアするのがオススメなので、このことだけは忘れないでください。

 

タイトルとURLをコピーしました