6.続:アタマの活性化をサポートする食事とは⑤おやつ編

疲れたときに甘いものや、汗をかいたときに塩っ気のあるものをオヤツとして食べる人も多いでしょう。

これは、身体や脳が糖分や塩分を欲しているための現象となっていて、アタマの活性化させるためには集中力をアップさせるオヤツが必要です。

こちらでは、アタマの活性化をサポートするためのオヤツについて詳しく紹介していきます。

おやつを摂取する目的や注意点について

おやつを摂取する目的については、冒頭でも少しだけ紹介したように「体内で足りていない栄養素の補給」にあります。

ダイエットをしている人にとっては「おやつは敵」というイメージを持っている人も多いかもしれません。

確かに、正しい食生活や日常生活を過ごしている人の場合は、昼食後におやつを摂取する必要は無いと考えるかもしれませんが、昼食後に仕事や勉強などを頑張る人にとってはオヤツを食べることでパフォーマンスがアップします。

特に人間の脳というのはブドウ糖しか摂取できないという厄介な代物なので、アタマを使うことをしている人は定期的に脳のエネルギーを補給してあげなければいけません。

脳がブドウ糖を欲するように、肉体労働系の仕事をしている人の場合は汗をかいた際に汗と一緒に体内のミネラルなども排出してしまうので、それらを補給するためにおやつを摂取する習慣を身につけても良いかもしれません。

ただし、自分の状態に合わせて補給する栄養素は異なりますので、その点に注意してオヤツを選択しなければならないことを忘れないでください。

アタマの活性化をサポートするためのおやつとは

アタマの活性化をサポートするためのおやつとして最適なのは「ブドウ糖」です。

最近ではコンビニなどでもブドウ糖を固めたラムネ状のお菓子なども売っていますが、こればかりを食べていても味気ないものです。

そこでいくつかピックアップすると、ブドウ糖の他にも「チョコレート」や「ラムネ」、「あんこ」や「ナッツ類」などもおすすめになっています。

特にダイエット中などで脂肪分やカロリーが気になるという方は、「あんこ」や「ナッツ類」などをおやつにすると良いでしょう。

まとめ

アタマの活性化させるためにおやつを摂取するというのは、少しイメージと異なると考える人も多いかもしれません。

特に学生の場合はおやつを食べる機会も少なく、学校にお菓子を持って行っても良いというケースは少ないでしょう。

学生の場合は、学校の授業が終わってから夕食までの間にちょっとしたおやつを食べてから活動するだけでも十分に脳の栄養補給に繋がります。

 

タイトルとURLをコピーしました