4.続:アタマの活性化をサポートする食事とは③夕食編

夕食というのは、一日の最後を締めくくる大事な時間でもあります。

最近は新型コロナの影響もあって夕食で外食をする人も減っていますが、通常の状態ならば仕事帰りに食事をして帰宅する人も多いのではないでしょうか。

こちらでは、アタマの活性化をサポートするための夕食について詳しく紹介していきます。

アタマの活性化を促すための夕食に必要なこととは

アタマの活性化を促す夕食を紹介する前に、まずは夕食を摂取する目的について紹介しましょう。

ダイエットをしている人は「夕食の量を減らす」ということを実践している人も多いですが、朝食や昼食と違って夕食を摂取した後はエネルギーの消費が少ないので、基本的には朝食や昼食よりも軽めのメニューとなります。

ここで重要となるポイントは、「エネルギーを発散するために食事をする」のではないということです。

夕食を摂取する目的というのは、「良質な睡眠を促すために摂取する」というものなので、活動するためのエネルギーではなく、成長するためのエネルギーであることを意識してください。

私達は睡眠時に脳内のホルモン分泌によって日々成長しています。

しかし、良質な睡眠を得ていない人は睡眠時にも無駄なエネルギーを使ってしまうので、次の日の朝に集中力を維持することも難しく、前日の疲れが残ってしまいます。

そのため、アタマの活性化を促す夕食では「良質な睡眠を得るための食事」と考えるのが良いでしょう。

 

どのような夕食を摂取するのが良いのか?

夕食の際にポイントとなるのは「タンパク質」です。

その理由としては、良質な睡眠を得るためにはトリプトファンというアミノ酸が必要になっていて、トリプトファンが多く含まれる食べ物が肉や魚、卵といったタンパク質に多く含まれているためです。

そのため、夕食ではタンパク質を積極的に摂取した食事を心がけると良いでしょう。

ただし、肉や魚などは種類によっては脂質やコレステロールを多く含んでいるものも多いので、それらを多く摂取すると動脈硬化や体脂肪の増加などのデメリットを得ることもあるために、その点に関しては注意してください。

 

まとめ

アタマの活性化をサポートするための夕食については、その日に使うエネルギーではなく、主に睡眠の質の向上を意識するのがポイントです。

睡眠の質を上げるためには食事だけではなく、布団やベッド、枕やお風呂に入るタイミングなども意識すると更に良い結果を導くでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました